行列の出来るチンポ 無料ネタバレ その7

行列の出来るチンポ 無料試し読み

行列の出来るチンポ は、FANZA(旧DMM R18)で読むことができます。無料で試し読みができますので、まずは無料で読んでみてくださいね♪

行列の出来るチンポ diletta 妄想話 その2

人気同人サークル・dilettaさんの『行列の出来るチンポ』のネタバレからの妄想話のつづきです。

前回の妄想話は、こちらからご覧ください♪

彼女と別れてしばらくは、かなり落ち込んでいて、もう何をやるにしても彼女のことばっかり考えてた。俺とみなみがまだ付き合ってるころは、

リア充爆発しろ!

とよくからかっていた俺の数少ない友達も、俺がみなみと別れた直後はさすがに気をつかってくれていて、一緒にゲームをしてくれて、俺の失恋のキズを癒してくれた。そんな友達がいてよかったな、と思いながらもみなみのことが忘れられずにいたんだ。

ある日、家族と一緒に晩飯を食べながらテレビを見ていた俺は、飛び上がらんばかりに驚いた。もちろん、家族がいたので飛び上がってはいないんだけど。。。

なんと!テレビには別れた彼女、みなみが出ていたんだ。

普段はメガネを掛けていたから、学校のみんなは気づかないと思うんだけど、俺は彼女のかわいい素顔を知っている。間違いなくみなみだ。

なんと!あの学校ではおとなしくて目立たない、メガネを掛けていた地味子のみなみが、今はコンタクトを入れてテレビに出ている!?それも人気グラビアアイドルになって!?

俺だけが知っていると密かに優越感に浸っていた、みなみの抜群のプロポーション、エロいカラダが、みんなの前にさらされている現実にショックを受けた。

そんな現実を目の当たりにした俺は、みなみとは住む世界が違うんだと、今までみなみを忘れられなかった気持ちが、なくなっていくのを感じたんだ。感じたというより、もうあきらめの境地。

あきらかに住む世界が違う。みなみは俺の元から完全にいなくなったことを受け入れざるを得ない瞬間だった。

しばらくすると、みなみがグラビアアイドルになったという話が、学園内で聞かれるようになった。まあ無理もない、みなみは学校を休みがちだし。もし、みなみが芸能人であることを、学校が秘密にしていたとしても、そういう情報は、必ずどこかから抜けてくるものだ。

俺だけが知ってることだと思ってたから、ちょっと残念ではあったけど、まあでもそれは仕方がない。でも、俺らが付き合ってたことは、みんな気づいてないだろう。基本的に目立たない付き合いだったし、知ってる友達もほとんどいなかったから。もう別れちゃったけど。

しかし、みなみが人気ものになるにつれて、学園内で俺を見る目が変わってきたことに気づいた。特に女子からの視線が違う。そもそも、今まで女子からの視線なんて感じたことがなかったのに、最近は、自分と面識のない女子からも視線を感じるようになっていた。

この視線は何なんだろう?

そんなことを考えながら、廊下を歩いてたら知らない女子から声を掛けられた。

「おい、ちょっとツラ貸せよ」

行列の出来るチンポ 無料試し読み

いかにも今どきのギャルJKって感じで、よく学校の裏庭でパンツ丸見えのまましゃがんでスマホいじったりしてたのは見たことあるんだけど、できればあんまり関わりたくないと思っていた女だ。

でもおっぱいは大きいので、そこだけはついつい目がいってしまう。

そんな女から声を掛けられ、馴れ馴れしく肩を組まれて話し掛けられる。

「お前、ラッキーチンポの持ち主なんだろ?あたいにもやらせろよ」

「えっ??やらせろ???」

「お前の元カノ、人気グラビアアイドルになったって言うじゃねーか。お前のチンポ、ラッキーチンポだって学校内で評判だぞ」

「はぁっ??!?」

どうやらみなみが人気女優になったことによって、俺のチンポがラッキーチンポということになっているらしい。だから女子たちの目が何だか雌っぽい視線になっていたのか。

もちろん、今まで話したこともないギャルJKからいきなりエッチしようなんて展開、現実として考えたことなかったけど、この女のおっぱいには抗えないし、俺もみなみと別れてから、とんとご無沙汰だから、エッチは死ぬほどしたい。もう思春期だから仕方がないのだ。

やらしてくれとギャルJKから言ってきてるんだから、素直にやらせてもらおう!

この記事を書いた人

菊地(キクチ)
菊地(キクチ)
会社員兼自宅警備員

エロ漫画大好きな菊地(キクチ)です。

キクにイケじゃなくて、キクに地上のチと書いて、「菊地」です。

以前はサラリーマンとして働いていましたが、今はコロナの影響で、テレワークで自宅にいながら仕事ができるようになりましたので、会社員と自宅警備員を兼務しながら生きていますw

テレワーク勤務ですと、上司や同僚の目がありませんので、仕事をしながら大好きなエロ漫画をむさぼるという幸せな毎日を送っていますww

私のような引きこもり大好きな人間からすると、テレワークという勤務形態はとても素晴らしい仕事のやり方だと思います。毎日、満員電車に揺られることもありませんし、通勤中や昼休みに、スマホでこっそりエロ漫画を読むという窮屈さを感じることもなく、仕事をしながら堂々とエロ漫画を読めるようになりましたwww